文字サイズ:

HOME > 会社情報 > 沿 革

沿 革

1946年 5月
山本惣庸により個人事業として戸畑市(現北九州市戸畑区)中原一枝に発足
1947年 7月
八幡製鐵所(現日本製鉄㈱八幡製鉄所 戸畑地区)構内作業開始
1948年11月
資本金300万円の株式会社 山本工作所に組織変更し初のドラム缶受注
1949年 4月
ドラム缶専用工場完成
1951年 3月
東京連絡事務所(現東京支店)開設
1959年 4月
八幡化学(現新日鉄住金化学)構内作業開始
1961年 3月
戸畑区川代1丁目に本社・工場を全面移転
1961年 7月
大阪支店開設
1962年 6月
ドラム缶の日本工業規格(JISZ1601第一種)を許可される。
1964年 2月
住友金属工業小倉製鉄所(現日本製鉄㈱八幡製鉄所 小倉地区)構内作業開始
1965年10月
集塵機部門発足
1969年 1月
チューブラコンベヤ製作・販売開始
1974年 5月
払込資本金を2億円に増資
1976年11月
トピー工業との共同出資により九州ホイール工業を設立
1977年10月
九州ホイール工業構内作業(苅田事業所)開始
1982年 1月
ドラム缶輸出にあたり米国DOTの承認を受ける。
1982年 9月
更生缶工場操業開始
1987年 5月
八幡東区枝光に本社・工場を全面移転し、コンピュータ制御の工場になる。
2000年 3月
ISOの承認を受ける。(JISZ9902:1998、ISO9002:1994)
2004年10月
大牟田事業所発足
2015年 3月
ハノイ駐在員事務所開設
2019年 7月
資本金を1億円に減資